So-net無料ブログ作成

オルセーのナビ派展/三菱一号館美術館 [作品展]

image.jpegimage.jpeg
早々とチケットを購入して、訪れるタイミングを図っていたナビ派展。
然しながら、またしても忙しい日々に紛れて、
ついに混み合うであろうG.Wを避けていたら、、
わー、今日しか無いわ!と仕事帰り駆け込み。
なんてこった、勿体無い。。。
と、

薔薇が咲いているわ〜〜♪
image.jpeg

image.jpeg

とても、マニアックで名前をさっと覚えられない魅力的な
三菱一号館美術館の中庭の薔薇。…素敵!
もしもひと月早く来れていたら、
薔薇たちはまだ咲いておりませんでしたねー、
この季節に訪れたことが無かったので、
素敵な場所を存じ上げませんでした。
…巡り合わせの妙に深く感謝しました。

明るいうちに、10種類以上はある薔薇薔薇を楽しみ、
館内に入りました。

はー。
1枚目から、ここに来れて良かった!という、色彩とマチエール。
なかなか去りがたく、
わたしの好む作品の、
色彩が構成する平面と、日常と、内面の織りなす個人的世界。
ナビ派の秘密結社的な厨二感も(失礼!でも、嫌いじゃない…)楽しそう!
まだまだ、見足りない点数ではありましたが、楽しみました。

そして、中盤、
突如、「ルドンの青い花瓶の間」に。
はっ!とする程、美しいパステル画の花の絵…。
これまで見て巡ってきたあれこれの感動を、忽ち塗り替えられてしまいました。
ため息とともに見上げる、背の高い花々に、魂は持っていかれました。
フランスの何処かの御殿の大食堂に描かれ飾られていた、大作の1枚だそうです。
素晴らしい作品です。

魂抜かれたまま残りのナビ派を巡り、
最終的には、久々に図録を買って、
ふらふらと表に出たら

もう薄闇で、薔薇はよく見えず、

アメリカンなburger shop でお腹を満たし、
帰路。
image.jpeg
image.jpeg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。