So-net無料ブログ作成

セツ・モードセミナー [空間]

image.jpeg
懐かしい場所へ行きました。

image.jpeg

image.jpegimage.jpeg
image.jpeg

image.jpeg

「美しいものが本当に分る人間に」
「自分の勉強を自分でする」
「歩みのノロイ人もおり速い人もおり、夫々が立派な一つの個性として尊重されています。人によっては早くて軽いのや、遅くて重いのや、みんなが大きな可能性を秘めているはずです」
「偶然を積み重ね、やがて自分の確かな技術にまで固めてゆくのです」
「構図や物語性にまでデッサンが拡大されてゆくのを自覚し」
「≪孤独な心のささやき≫というような表現を」
「鑑賞に耐えうるもので」
「色の形、そしてその構成」
「上手とか下手というよりは、それが自分の一つの個性だと認識することも大事です。上手というのは往々にして一つの古い類型としてうまいのであり、下手なのはむしろ新しい個性としての下地を意味します。こうした自己認識は沢山のいろんな友情の中に芽生えます。」

このボロボロになった入学案内書は、いつでも見られる手元に置いてあって、
たぶん何よりもわたしを励まして導いてくださった、長沢節先生の教えです。

image.jpeg
image.jpeg

懐かしいコーヒーテーブルと、今も生徒たちに100円で振舞われるコーヒーの香り。
image.jpeg
image.jpeg

image.jpeg

セツ先生が亡くなられてから色々あって、
この春学校の幕が下ります。
諸行無常にも先生の意図があるのかなと、
冷たい春の雨に濡れる母校を後にしました。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。