So-net無料ブログ作成

デトロイト美術館展 [作品展]

image.jpeg

何か小品の掘り出し物は無いかと、美術館展に行ってきました。

昨年ポンピドー美術館展で、初めて素直にピカソの魅力を感じ、

今回そういう思いで50代の時の作品と、晩年80代の作品を見比べて、

脂の乗った艶やかな厚みある筆致と、

老いても尚、大らかに謳歌している自在な境地と、

そして、ついでに初期の生真面目な作風と、

天才の器用さ、その葛藤などまでも、計6点を見ながら味わいました。

今回月、火曜日は撮影許可、(一部SNS公開禁止)ということで、

少し撮影したのですが、カメラを手にすると雑念が湧いて、

落ち着かないなぁ…と思ったけれども、

わたしの気になる作品は、あまり葉書にして貰えないようなので…

記憶をより鮮明に出来る写真が数枚残って、悪くもないかな、と。

以下、そのような数枚。


image.jpeg
パウラ・モーダーゾーン=ベッカー
『年老いた農婦』

image.jpeg
マックス・ベックマン
『倒れた蝋燭のある静物』


ピエール・ボナールと、オディロン・ルドンと、エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナーは、
鉄板的に、大好きでした。もう数枚は見たいなぁ。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

にゃごにゃご

昔、スペインのピカソ美術館で見た
ピカソが子供の時の闘牛の鉛筆の絵を見て、
「これが天才なんだ」って思いました。

by にゃごにゃご (2017-01-18 16:23) 

トロル

そのたしか石造りの美術館に、学校の写生旅行の際に訪れたのですが、
ピカソの収蔵したバルテュスなどに魅せられて、まだまだ本人の作品には興味が持てないでいました。残念なことです…。
by トロル (2017-01-18 19:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。