So-net無料ブログ作成

青春の終わらせかた。 [live]

IMG_2208.JPG

台風の上陸待ちで天候不安定な先週末。
チケットも無いのに、日比谷野外大音楽堂で行われたライブを聴き届けたくて
plentyのラストライブに行きました。

30代を前にバンドを解散することになるのは、
偶然なのか、毛皮のマリーズ然り、andymori然り、
まさかplentyもだなんて、、、

大人のカテゴリーに押し出されて大分経っている者からすると、
止めることで、拓かれる
「開放」を感じるんだよな、って思う。

一度止まって、方向や手段を変えて向かった道が、
生まれついた癖のままに、
また一周して、納得した手段を見つけたと思ったら、
手放したものが遥か彼方で無表情で消えそうになっていたり、
踏み固めてしまった足元の土がカチカチに干からびていたり、
でも、遠回りしなければひとは身体に筋肉も増やせない。

現に美しい「死に場所」を探していたバンドが、
「この先も音楽の側にいたいな」って、15年目にやっと気がつけたり、
そこに、ついてきて欲しいよと言葉に出せたり、
そういうことに遭遇してる今年。

いろいろなバンドを好きになり、
単にひとつの好きな音楽がつなぐ関係性なのに、
こちら側としては本当に大切に聴いていて不思議なものです。

近道で楽や得をしようと思っても、思えば思うほど失敗るし、
一見惜しいようでも急がば回れ、もある。

今日だってまた、
好きな音楽を聴きながら思うことは、
こころのガソリンになる音楽が必要なだけ。

IMG_2209.JPG
当時の手帳を開いて、自分が通いつめたライブを探して
印をつけてみました。

IMG_2211.JPG
チケット争奪戦に敗れた沢山のファンが日比谷公園の木の下で、
大音量で振舞われる漏れ音と、木陰を染める赤や青のライトを見つめていました。
(会場内は傘、厳禁だったのでずぶ濡れだったそうです)

IMG_2210.JPG
IMG_2212.JPG
(わたしのすきな「あいという」という曲のイラストモチーフのポーチ)

https://youtu.be/EQrk_ktZdG4

オフィシャルから、
過去わたしが行ったライブのVideoがあがっていたので載せときます。
このサポートメンバーさん(ドラマーとギター)が入っていた時期、
楽曲の再現力と表現クオリティはキレッキレで個人的に堪りませんでした。
このまま行くのかなと思っていたけれどこのあと正式に同年代ドラマーが加入しました。


nice!(9)  コメント(6) 

節目。 [live]

IMG_0598.JPG

2017年は、奇しくも
贔屓にしている 2バンドの15周年でした。
(よろしければ、3/10付近の日記をご参照ください…)

15年間とは、やはり結構長い時間です。
メンバーの脱退があったり、活動休止があったり、
親しいバンドのメンバーの死を乗り越えたり、
その間も、モチベーションを維持し、バンドで表現したい音楽を追い続け、
ステージに立つ、バンド。

その出来事のひとつひとつに一喜一憂し、
新曲の発表や、演奏を間近に見られる時間を心待ちにしつつ…
それとは関わり無い、日常生活も勿論あるわたしたちファン。

バンドもファンも
気がつけば同じだけ歳をとり、
色々変わったようで、変われない15年。

終わりにしたかった事は、終えられず、
終わりを望まなかった事が、突如終わったこともある…
そんな長い時間。

どちらのバンドも、ライブで演奏する曲をSNSで募って、
心を込めたセットリストで表現してきました。
その一曲一曲に開かれる、思いがけないこころ。

音楽に身を任せて、自由に感動出来ること。
そんな15年間を喜ぶ時間を過ごしました。

「じぶんで作ったバンドに誕生日があるなら、いつかその終わる時もあるのかな…と、
思ったこともあったけど、ここまで来たら、この先もまたみんなで歳を取ろうね」
なんて、ニュアンスのことを、
カッコつけずに言っとく、かわいい大人になってて、
それを言われたわたしたちファンも、素直に嬉しい、
ひねくれたこどもから、純粋になったパラドックスが愉快。ははは。

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
メレンゲ 15周年 日本橋三井ホール
set list

1.旅人
2.輝く蛍の輪
3.きらめく世界
- -
4.君に春を思う
5.燃えないゴミ
6.ムーンライト
7.ソト
8.アルカディア
- -
9. 8月、落雷のストーリー
10.魔法
11.タイムマシンについて
- -
12.スターフルーツ
13.楽園
14.キャンプファイア
15.ミュージックシーン
16.July
17.アンカーリング
18.ビスケット
- -
19.願い事

en 1.カメレオン
2.アイノウタ
- -
en 3.夕凪

IMG_0599.JPG
開場までの時間、美味しい時間も過ごしました ♪
コレド室町のTopsのチョコ・ケーキ。


テレビでイルカ [live]

雨降りの休日、珍しく同じ時間にリビングにいた母が、
「録画しといてもらった、イルカのコンサート観ない?」
と言うので、コーヒー淹れて楽しみました。

image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg

思えば、小学生の頃放送部で、お昼休みのレコードをかけていた時。
なぜかレコードラックに置いてあったイルカのLPをかけて聴いてみたのがきっかけで、
その後、家族で初めてコンサートというものに何度か行きました。それがイルカさん。
「サラダの国から来た娘」なーつかしいなぁ!
まさか小田さんとのデュエットで聴けるとは。

image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg

45周年ライブを祝う、南こうせつさん、伊勢正三さん、太田裕美さん、
小椋佳さん、小田和正さん、松山千春さん、のイルカさんへの表情が愛に溢れていて、
子供の頃お小遣いやお年玉で少しづつ集めて今も手元にあるシングルレコードの曲の数々を、
こうして何十年かぶりにテレビだけれど聴くことが出来て…
わたしの音楽の趣味は多岐に渡り、今も生活の中のエンジンのひとつであること、
それって多分イルカさんに惹かれた何かだったなぁ!と思いました。

「二十二歳の別れ」って大人っぽい曲もシングル・レコードでもっているけど。
この曲、伊勢さん高校生の時の作品…と、こうせつさんがおっしゃっていて、
いったいどんなオトナな高校生だったんや〜!と、びっくりしたですねえ。
その頃のわたしは、中学生の弟と、一袋のサッポロポテトを分けるにあたり、
どっちのお皿が多く盛られているかが譲れなくて、毎回ジャンケンしてたもんな。
レベルが違うよな、大事なことの。


本日もライブ [live]

image.jpeg

最近は此処ばかりで落ち着いています。

席ありだと、最初にドリンクをオーダーしたりして。

飲みながら、ゆっくり開演を待てる。

本日はブラッティ・マリー。

バンド編成でなく、アコギとサポートキーボードさんでのライブは、

良い意味で曲や歌うという行為の生々しさがあらためてじわっと、伝わって、

長く聴いている曲でも、例えばデモを聴いているみたいに、見つめてしまう、耳が。

image.jpeg



#fever [live]

image.jpeg

昨晩はライブに行ってきました。

引越しをして家が郊外になったので、帰りがツライです。

そして、翌日起きるのと、寝不足で働くのがツライ。

けれども、そんなことより、

いつも音源で聴いているものを、目の前で再現され、

たった一回、今しかない表現でキャッチ出来るのが、

ライブに行くってことの最高の楽しみです。

今月はまた、ここに来ます。

今度はバンドセットで。

FEVERはドリンクチャージが600円とお高めだけど、

何にしようかな〜♪ってくらい、選び甲斐と濃さもあります。

なので、駅からも近いし好きなハコです。