So-net無料ブログ作成

花菜ガーデン/ローズフェスティバル2017春 [空間]

季節を早送りしたように、この所暑いですねぇ。
気温より2〜3℃は高いんじゃないかな?という職場環境で仕事を終えると、
ぐたーとして、まだ5月なのに使い物になりません。

さて、昨日は臨時休業だったので、わりと地元の植物園でやっている
「ローズ フェスティバル2017〜春〜」に行ってきました。

image.jpegimage.jpeg
ピーカンの下、フランスの1832年生まれ
ガーデンオールドローズ 、ジュノーです。

image.jpeg
マダム・アルディ 同じく1832生まれ
真ん中のグリーンeyeと呼ばれる細い花弁が集まった所も個性的で、
釦eyeとも言います。

image.jpeg
ファンタン・ラトゥール 年代不詳
寄せ植えられた、細長い可憐な鉄線との
ハーモニーも惹かれました。

image.jpeg
シャポー・ドゥ・ナポレオン 1826年生まれ

image.jpeg
ドゥイユ・ドゥ・ポール・フォンテーヌ 1837生まれ

蕾や茎のまわりを毛深く覆う軟棘のことをモス(苔)と呼び、
この通好みのオールド・ローズは
マニアならひとつは欲しいところです。


image.jpeg
ヴィレッジ・メイド 1839生まれ

草原にしなやかに可憐に自由に咲く
オールド・ローズに心惹かれます。

ここまで紹介した長く生きている薔薇たちは、
春しか咲かない一季咲きと言われるもので、

短い開花時間を、
素朴な姿と生命力を感じる深い甘い香りで表現して
圧倒的に気になる薔薇が多いのです。

けれど、春が去ると緑の樹になってしまうので、
花の無い時間の虚しさを思うと買うことに決心が要ります。


image.jpeg
タイガー・アイズ

image.jpeg
image.jpeg
カロリーヌ・マルニース 1848生まれ
姫君のティアラのように一番花が愛らしい。

image.jpeg
燃えるように鮮やかオレンジ色の薔薇のアーチ。
ウォーム・ウェルカム 1992年

image.jpeg
アオラキ 1994年

image.jpeg
ダブル・デライト 1977年
ハイブリッド・ティーならではの、どどーんとした姿。
良い香りだったです。

image.jpegimage.jpeg
ドクター・ヒューイ 1914生まれ アメリカン
なんとも言えない、独特な栗色がかったクリムゾンの蔓薔薇。
残念ながら、一季咲き。
この迫力はやはり一季の性かなぁ。

image.jpeg
ギネ 1938年生まれ
こちらも一季咲き。フランス薔薇。
蜜蜂に好かれてた。

image.jpegimage.jpeg
ポール・トランソン 1900年生まれ
棘が少なそうで、楚々としながら、元気そうな蔓薔薇。


image.jpeg
ワイフ・オブ・バス 1969年生まれ
イングリッシュ・ローズERの 四季咲き第1号だそうです。
タンポポと並んで可愛いなと思って。
そう言えばなんか余裕な風情。

image.jpeg
メアリー・ローズ 1983年生まれ
うちの カセドラルとルデュテ兄妹の母様です。

image.jpeg
ミス・アリス 2000年生まれ

image.jpeg
ティージング・ジョージア 1998年生まれ


それから、モダンローズのあれこれ。
image.jpegimage.jpeg
スペクトラ 1983年生まれ フランス

image.jpegimage.jpeg
るる 2006年生まれ 京成バラ園芸日本

image.jpeg
ダーク・チェリー・パイ 年代不詳


沢山見て廻り、欲しいな!と
思った薔薇を最後に載せときます。
image.jpeg
image.jpeg

実は昨年此処を訪れた時も、最後の最後で出会い、
稲妻に当たったように惹かれたのですが、

そのお名前は、
アストリット・グレーフィン・フォン・ハルデンベルク 。
長い!
覚えられない…。
2001年生まれ ドイツ。

秋は色々と忙しくて薔薇園を訪れた事が無かったのですけど、
この姫君を連れに訪れようと誓いました。






とは言え、今回も買いました。てへ。

左、一棒粉(イーパンフェン) チャイナ・ローズ と、
右、ブリリアント・ピンク・アイスバーグ オーストラリア。

どちらも棘が少なく、年中咲いてくれるようなので、
楽しいかな!と思って。(増やして母には叱られるけど…こっそり混ぜよう)
image.jpeg
nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 8

にゃごにゃご

タイガー・アイズ、面白い!
買っちゃったのね。
by にゃごにゃご (2017-05-23 11:14) 

トロル

タイガー・アイズ、、、
こういうの、一個は欲しいな!
うん、また増えちゃった、、、
どーして、毎冬の植え替えの苦しみを忘れるんだろ、、、
by トロル (2017-05-23 11:26) 

うめむす

いろんな薔薇があるものなのですね。
元花屋さん勤めだったのに、びっくり。
しかも個性の豊かさにもびっくりです。

お仕事の方、大変そうですが、
ファイト!
月並みな応援やなぁ(←またも大阪弁)。
by うめむす (2017-05-23 21:13) 

トロル

うめむす さん

季節柄、気がつくと薔薇の事ばかり考えてるので、
同じような内容の日記にも反応してくださって、
ありがとお⤴︎ 大阪弁ふう

もしかして、ダブルデライトなどは切り花でも
流通していたかもしれませんが…
他のは、散りやすかったり、枝が真っ直ぐ直立してなかったり、
切り花としては扱いにくい性質かもしれません。
オールド・ローズなどは、いけても数日も持たないですし。

ファイトで、生きてく!

by トロル (2017-05-23 21:50) 

KENT0mg

私は1826のナポレオンでお願いします。
かっこいいからです。(^^;)
by KENT0mg (2017-05-23 23:39) 

トロル

KENT0mg さん

ハイ! オーダー承りました (^.^)

ナポレオン、モスローズの中でも、萼がナポレオン・ハット
みたいに個性があるんですよ。この写真だと判りづらいかな??
by トロル (2017-05-24 10:49) 

うっかりくま

さすが薔薇好きのトロルさん、詳しいですね!
私の行ったところは広かったけど種類は・・
区別がつかず(^^;)。名前の表示もざっくり
「ツルバラ」と書いてあったりして(笑)。
これからは名前も注目してみます。
アストリットなんちゃらのインパクト凄いです。

by うっかりくま (2017-05-24 20:05) 

トロル

うっかりくま さま

薔薇に関しては、収集欲が高まるので…
写真で名前をメモして、おうちで本を漁り
いろいろ調べちゃうんです。けど、新し目の薔薇は
持ってる本には載ってない場合もあり、最近はその場でタブレット開いて調べてから買う!とかしちゃうんですよね。。。
アストリットなんちゃら、愛が深過ぎて、
撮った写真に補正掛けて最大の美を引き立てたつもりです!
飾り釦のような、キュッとしたロゼット咲きのとこ
素晴らしくないですか?(前のめりでスミマセン; うふふ

by トロル (2017-05-24 21:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0